オリジナルTシャツ選びで重要な素材の選び方

オリジナルTシャツを製作するにあたり、重要になってくるのが素材選びとなっています。この素材選びを間違ってしまうと着心地が用途に適していない、着心地が悪く感じる原因となってしまいます。素材選びに失敗しないためにも想定できる場面での適した素材をご紹介いたします。

オリジナルTシャツ製作がおすすめなわけ

オリジナルTシャツ

オリジナルTシャツもたくさんの素材から選べる!

オリジナルTシャツを作成する場合、いろいろな用途が想定されています。
イベント用、贈り物、スポーツ用など着用を想定している場面もバラバラな場合が多いです。
そんな中で悩むのが素材選び、Tシャツの素材は着用感にそのまま直結するものとなっているのでこの素材選びは最も重要な事となってきます。
適した素材を選ぶことにより快適性は勿論ですが、そのTシャツのもちにもつながるのでできるだけ適したものを選び、それを着用するのをおすすめいたします。
ですが素人目からみて適した素材を選ぶというのは少々難しいもの、それぞれの繊維による特徴と一緒にどんな目的のTシャツに適しているかをご紹介いたします。
これら素材以外にも、厚みなどもTシャツでは重要となっており、基本的にそれらはオリジナルTシャツ業者のホームページ上でも確認できますが、より適しているTシャツを選びたい場合問い合わせをするのも一つの手です。
まずメジャーなのが綿とポリエステル、Tシャツで最も使われているであろう素材がこの二つです。
この二つをバランスよく混合した素材もあるほどで、基本Tシャツは綿とポリエステルがメインで使われているものが多いです。
ものによってはレーヨンも含まれている場合がありますが、基本的にこの二種類で、綿のみ、ポリエステルのみ、割合は変わりますがこの二つを混合した素材を使っている場合が多く、両方ともTシャツとして便利な素材となっています。
まず綿、これは吸汗性に優れた素材で着用した感じも軽やか、蒸れにくく肌に優しい素材となっています。
そのためスポーツウェアとして利用されていることが多く、特に屋内のスポーツのように蒸れてしまいやすい環境ではこれら綿のTシャツを着用している方もいます。
混合素材として使われる場合もその着心地の良さを出すために使われているものとなっており、綿を混ぜる割合が多いほどに吸汗性に優れて着心地の柔らかい、そんなTシャツになります。
難点といえば色褪せのしやすさ、着用しているうちの毛羽立ちなど洗濯の回数を重ねるとどうしてもそういった欠点がでてしまいますが、着心地の良さはTシャツに必要なものです。
着心地のよさを重視したい場合はこうした綿素材のTシャツを選び、オリジナルTシャツを製作するとより良いTシャツを作れます。
屋外スポーツウェアの素材などでよく使われているのがポリエステルで、動きやすさと汗に強いことが重要となる場面ではやはりよく使われる、そんな素材となっています。
サラッとした肌触りで通気性もいいのでスポーツにおすすめ、また身体を沢山動かすサービス業、飲食店の制服にも採用されやすくなっています。
素材としての特性はそのまま洗濯してもすぐ乾く、そんなメリットにもなりますので帰ってきて汚れが気になって洗濯しても、次の朝には着用できる状態になっていることが多く、日頃の手入れも簡単、またシワになりにくいのでアイロンも不要、お手入れ簡単となっています。
デメリットと言えば、汗をあまり吸わない、綿に比べて着心地はよくない、そういったものがあります。
しかし汗に関してはインナーウェアにもよりますのでほかのTシャツと併用することで解消できます。
他にもドライTシャツなどさまざまな種類のTシャツを取り揃えているオリジナルTシャツ業者もあります。

オリジナルTシャツの用途は無限大!

オリジナルTシャツの製作もしっかり素材から選べるようになり、より需要を伸ばしています。オリジナルTシャツ業者のホームページ上でもそれら豊富なTシャツの種類は確認できるようになっており、沢山の種類の中から選べるようになっているので融通が利き非常に良心的です。
オリジナルTシャツの製作を承っているプリズマでも沢山の種類のTシャツを扱っており、ヘビーウェイト、ミドルウェイト、ライトウェイト、ドライTシャツなどは勿論、スリムフィットやレーヨン入りの柔らかさが特徴となっているトライブレンド、ほかにもレディース用、キッズ用など形状も含めて種類を取り揃えています。
これらTシャツにオリジナルプリントを施し、制作ができるようになっており、用途によって好みのTシャツを選んでそれらを製作できるようになっています。
あまりTシャツの種類がなく、限られた範囲でのオリジナルTシャツ製作しかできない、という常識を覆すように沢山の種類がそろっているので自由度の高いオリジナルTシャツ製作が可能となっています。
Tシャツはそのラフな着心地から用途は無限大、利用する場面は沢山あります。
また着用するためのものではなく販促用など、店頭に展示する為のTシャツ製作を行う場合もあり、その為用のTシャツはロープライズでの提供となっています。同時にTシャツ以外のオリジナルグッズ制作も可能となっているので、必要なものを小ロット10枚から製作依頼が可能となっています。
個人での制作も法人での制作も可能で、お客様の希望に応じた枚数分、適した素材のTシャツが製作可能となっています。
現在Tシャツを利用する場面は、法人は勿論ですが個人での制作依頼も多くなっており、そのために生産を小ロットから可能にしている業者、そしてウェブサイト上にきちんとTシャツの特徴をわかりやすいように表記しているところも多いので、素人目線からでもわかりやすく製作依頼を行うことができるようになっているので良心的です。
個人のスポーツチーム、学校行事など学生の方にもよく愛用されているサービスとなっています。

オリジナルTシャツは簡単に作れる!

素材や厚みなどがしっかり表記されているので安心して製作依頼ができるようになっているオリジナルTシャツ、ですがこのオリジナルTシャツの一番の問題がそのデザインです。
デザインを起こすのは簡単かもしれませんが、専用のソフトで作成したデータしか受け付けられない、そんな場合何万円もする専用ソフトを購入しなければなりません。
そうした心配もありますが、基本オリジナルTシャツを取扱いしている業者ではデザインテンプレートも用意しており、そこから選んでいただくことにより簡単にオリジナルTシャツを製作することができるようになっています。
デザインに自信がない場合もこうしたデザインテンプレートから選ぶことにより、簡単におしゃれなロゴ製作も可能、1つのデザイン例だけではなく複数のデザインやフォントを組み合わせることもできるので、よりオリジナリティの高いデザインに組み替えることもできます。
専用ソフトなどは持っていないけれど、オリジナルTシャツは製作したい!そうしたニーズにも応えられるのがデザインテンプレートとなっています。
もちろんイメージ画像でその組み合わせの確認も可能となっていますので、製作前に納得いく、イメージ通りのデザインかどうかなども確認できるようになっています。
フルカラーのものを単色に変更したい、そうした要望にも応えられるようになっています。
カラー、素材、厚み、形状好みのものを選びながら、好みのテンプレート、フォントでオリジナルTシャツを簡単に製作できるので、誰でも簡単にオリジナルTシャツ作りをすることができます。